ホーム AnyUnlock iOSアクティベーションロックを解除できない原因と強制解除する方法

iOSアクティベーションロックを解除できない原因と強制解除する方法

iPhoneやiPadなどのiOSデバイスでは、個人情報を保護するアクティベーションロックと呼ばれる機能があります。何らかの理由でアクティベーションロックを解除できないとデバイスを正常に使用できなくなります。この記事では、アクティベーションロックを解除できないよくある原因および強制解除できる方法を紹介します。

作者の画像
ばくてい | 最終更新日:2024年6月11日
500言葉 |2分で読める

iPhoneやiPadなどのiOSデバイスでは、デバイスが紛失または盗難に遭った場合に第三者から個人情報を保護するアクティベーションロックと呼ばれる機能があります。しかし、もしアクティベーションロックを設定した時に使ったApple IDとパスワードを忘れた場合、または中古のデバイスを購入してApple IDとパスワードが分からない場合に、アクティベーションロックを解除できずデバイスを正常に使用できなくなります。

この記事では、アクティベーションロックを解除できないよくある原因および強制解除できる方法を紹介します。無料で、自力で解除できように、最後までご覧ください。

Part1:アクティベーションロックを解除できない原因

原因1:本来のApple IDとパスコードを忘れたため

iPhoneのアクティベーションロックを解除するには、それと関連する本来のApple IDとパスコードをWebブラウザまたは別のAppleデバイスでサインインする必要があります。Apple IDとパスコードを忘れた場合は、アクティベーションロックの解除もできなくなります。また、Apple IDのパスコードはデバイスをロックするために使われるパスコードが違うので注意が必要です。

原因2:デバイスに問題があるため

アクティベーションロックを解除できないのは、iPhoneやiPadの通信機能などに問題生じることによって、デバイスが盗難に遭ったとシステムが判断したという原因も考えられます。こんな場合は、デバイスの接続状況や、電波状況、SIMカードの挿入状況など確認すると問題が解決できるはずです。

原因3:Appleのサーバーに問題があるため

アクティベーションロックを解除できないのは、Appleのサーバーの不具合につながることもあります。たとえば、最新のiOSへとバージョンアップする途中に何らかの不具合により、デバイスが強制的にリカバリモードに入ることがあります。リカバリーモードを終了しデバイスを再起動するときに、iOSの保護仕組みによってアクティベーションロックが自動的に適用されます。特に中古のiPhoneやiPadを買ってアクティベーションが急にかかった場合は、以前の使用者のApple IDとパスワードが知らないので当然解除できないのです。

Part2:アクティベーションロック強制解除する裏ワザ

ここまでは、アクティベーションロックを解除できない場合のよくある原因を紹介しました。では、Apple IDとパスワードを忘れたり、中古のデバイスを買って関連付けのApple IDとパスワードが知らなかったりする場合に、アクティベーションロックを強制解除するにはどうすればいいですか?以下に、4つの方法を用意しました。

裏ワザ1:【iPhone/iPad】専用ソフト「AnyUnlock」を使ってアクティベーションロックを回避する

アクティベーションロックを解除する方法はいくつかありますが、ほとんどはApple IDとパスワードが分かることを前提とします。Apple IDのパスワードが忘れた場合の解除方法を探している方、または簡単な数ステップだけでアクティベーションロックを解除できる方法を探している方は、iOSデバイスのロック解除に専用なソフト「AnyUnlock」の使用がおすすめです。

「AnyUnlock」はApple認定の開発者なので、利用するとwebサイト上の偽物の悪質サイトを見分ける必要がなくなります。アクティベーションロックを解除する操作が簡単な上に、デバイスのパスコードやApple IDのパスワードなどの入力が一切要求されません。では、一緒に「AnyUnlock」を使ってアクティベーションロックを強制解除する方法を見てみましょう。

AnyUnlockは、iPhone/iPad/iPodtouchユーザーがデバイスのパスワードを忘れた時に、自分でロックを解除できるように設計されました。AnyUnlockは個人使用のみを目的として、営利目的または違法な目的でのご使用は固く禁じられています。

ステップ1.アクティベーションロックを解除したいデバイスをケーブルでパソコンに接続します。「AnyUnlock」ソフトを起動して、画面上の「アクティベーションロックをバイパス」を選択します。

アクティベーションロックをバイパス

アクティベーションロックをバイパス

ステップ2.「開始」ボタンをクリックしてバイパスプロセスを開始します。

「アクティベーションロックをバイパス」を選択

「アクティベーションロックをバイパス」を選択

ステップ3.以下の画面で表示されるデバイスの情報を確認してから、「脱獄開始」をクリックして脱獄を開始します。

「脱獄開始」をクリック

「脱獄開始」をクリック

ステップ4.脱獄ツールがダウンロードされたら、画面上の指示に従ってデバイスをDFUモードに設定します。

DFUモードにする

DFUモードにする

ステップ5.以下の画面が表示されたら、脱獄が完了したことを意味します。それから、「今すぐ開始」をクリックするとアクティベーションロックのバイパスが始まります。

アクティベーションロックをバイパス

アクティベーションロックをバイパス

ステップ6.バイパスが正常に行われたら以下の画面が表示されます。これでアクティベーションロックを完全に強制解除することができました。

アクティベーションロックをバイパスしました

アクティベーションロックをバイパスしました

裏ワザ2:iTunesを通じてアクティベーションロックを解除する

アクティベーションロックを強制解除するには、iTunesを使ってデバイスを初期化してから解除する方法があります。以下に、iTunesを使ってアクティベーションロックを強制解除する詳細な手順を紹介します。

ステップ1.公式Webサイトを参照して使用中の機種に対応する操作方法でリカバリモードに入ります。

ステップ2.パソコンでiTunesを最新バージョンに更新し、ケーブルでデバイスをパソコンに接続します。

ステップ3.iTunesに次の画面が表示されたら、「復元」をクリックして初期化を開始します。初期化が完了されたら、デバイスにかかっているアクティベーションロックが強制解除されます。

iTunes 画面の内容を確認の上、「復元」をクリック

デメリット:この方法を利用するには「iPhoneを探す」がオフになっていることおよびApple IDとパスワードが分かることが必要とされます。また、最近iTunesと同期していない場合は、初期化するとデバイスにあるデータが失われるので注意してください。

裏ワザ3:iCloudinを利用してアクティベーションロックを解除する

無料のiCloudinサービスを使ってアクティベーションロックを解除するという選択肢もあります。ただし、iCloudinのWebサイトが古いので、機種ごとに操作方法が異なる場合があります。そして、この方法を利用するには、「iPhoneを探す」機能がオフになっている必要があります。以上の注意点を了承してiCloudinを利用してアクティベーションロックを解除したい場合は、以下の手順を参考にしてください。

ステップ1.iCloudinの公式サイトからiCloudinをダウンロードしてインストールします。

ステップ2.アクティベーションロックを解除したいデバイスをパソコンにケーブルで接続して、デバイスをDFUモードに設定します。

ステップ3.インストールしたiCloudinを起動して「unlock」をクリックして画面の指示に従ってアクティベーションロックを解除します。

デメリット:iCloudinを名義とする偽物の悪質サイトも続々と出てきているので見分けが必要です。

裏ワザ4:iCloudでデバイスを削除しアクティベーションロックを強制解除する

アクティベーションロックに関連付けのApple IDとパスワードが分かる場合は、iCloudでデバイスを削除しアクティベーションロックを強制解除することができます。以下は、iPhoneを例にして具体的な操作手順を紹介します。

ステップ1.別のデバイスでiCloud.COMにアクセスして、Apple IDとパスワードを入力してサインインします。

ステップ2.画面上の「iPhoneを探す」をクリックしてから、「すべてのデバイス」を選択します。

ステップ3.アクティベーションロックを解除したいiPhoneを選択し、「iPhoneを消去」→「アカウントから削除」の順で選択します。それでiPhoneが削除され、アクティベーションロックが解除されます。

Q.

iPhone・iPadのアクティベーションロックとは何ですか?

A.

アクティベーションロックは不正なアクセスがあった時、自動的に端末を使えないようにする機能です。iOSデバイスが所有者以外の人から使用されないように保護機能です。しかも、パスコードロックが初期化により解除可能であるのに対して、アクティベーションロックは初期化しても解除することはできません。

まとめ

iPhoneやiPadのアクティベーションロックを解除できない場合によくある原因と、アクティベーションロックを強制的に解除する方法の紹介は以上になりました。アクティベーションロックを解除できない最も一般的な原因は、関連のApple IDのパスワードが知らないまたは忘れたからです。アクティベーションロックを解除するにはいろいろなiTunesなどのツールで無料でできますが、多くのケースではApple IDのパスワードの入力が要求されます。そんな場合は、パスワード一切不要なロック解除専用ソフト「AnyUnlock」の使用をおすすめします。業者に頼むより、自力で解除したほうが費用が省けます。試しだけでもいいので、まずは無料の使用版を入手しましょう。

作者の画像
ばくてい